九州・アジア経営塾は、九州・日本ひいてはアジアの近未来を担う志を持つ変革リーダーを輩出するため、独自性と魅力あるプログラムを提供します。

 

派遣企業の声

   
九州・アジア経営塾 派遣企業の声
 
 
川原 正孝氏
株式会社ふくや 代表取締役社長
   
川原 正孝氏
当社の社員は、会社にのみ貢献するのではなく、家族、地域の活動、そして社会にも貢献する、そういう志と力を持って欲しいと常に思っています。KAILの卒業生は、より多くの志と経営する力を身に付けて来たのだから、自分で志や力を発揮する場や挑戦する機会を見つける、さらに、リーダーとして率先垂範する。それを助けるのが私の仕事ではないかと思っています。
KAILで初めて、当社を企業事例研究のケースとして創って貰いました。当社の全てを公の場にさらすのは思い切った決断です。それを塾生が生きた材料として評価する、討議する、提案をする・・・経営者としては、怖い気もしますが、塾生の方々から新しい当社の道、戦略を訓えて貰うのは興味深々です。それによって当社もまた伸びる、また社会に貢献できるわけです。
こういう循環が続くとよいですね。