九州・アジア経営塾は、九州・日本ひいてはアジアの近未来を担う志を持つ変革リーダーを輩出するため、独自性と魅力あるプログラムを提供します。

 

リーダーの資質

 

求められるリーダーの資質とは

求められるリーダーの資質とは
 
 
碧樹館プログラムでは、次世代のリーダーに求められる4つの資質に焦点をあてます。自らの「物差し」としての価値観を基礎に、分析力と想像力で問題を発見し解を創造でき、実際の価値創造に向けて、情熱と勇気をもって 人と組織を動かしていける人材が碧樹館プログラムの目指すリーダー像です。
   
 
     価値観(value)
 
     如何なる行動を、何故とるのかを(再)認識する
 
     感情力(emotional capital
 
     変革行動に向けて、情熱と勇気を醸成する
 
     創造的知力(intellectual capital)
 
     現状認識・分析の下、変革の絵と道筋を描く
 
     組織行動力(social capital)
 
     組織変革へ向けて、人をそして組織を動かす
 
 
...................................................................................................................................................................
 
 
変革リーダー創出の手法
 
 
   
 
覚醒型学習
 
「教える・教わる」から「気付く・発見する」へのパラダイム転換
 
  •     寺子屋式リーダーシップ対話
  •     各モジュール前後の反芻学習
  •     「変革ミドル」アセスメント・市場評価による能力ギャップの確認
  •     エグゼクティブコーチングによる価値観の再確認
 
全人教育
 
価値観を軸とした複眼的視座の教育
 
  •     個人、企業組織、社会経済の3つの分析単位と相互連関性の同時考察
  •     経営教育への歴史、哲学、比較文化、社会人類学等の取り入れ
 
行動志向
 
「頭でっかちの批評家」養成からの脱却
 
  •     エグゼクティブコーチングを通じての個人アクションプランの作成・確認
  •     経営コンサルタントの指導による個人プロジェクトの企画・実施、ひいては変革への行動を推進
 
 
    九州・アジア経営塾はアイ・エス・エル(ISL)と提携して「碧樹館プログラム」を設計しています。