ヤングエグゼクティブプログラム

 

ヤングエグゼクティブPGM

   
経済のグローバル化やIT技術の進展などにより、社会・経済環境が急激かつ大きく変化する中において、より若い世代の人材教育を望む声が多くの企業・組織の皆様から寄せられています。九州・アジア経営塾では、そうした声を受け、2010年、若手のビジネスリーダーや管理職候補の方を対象に、「リーダーに必要なスキルを提供することで、問題解決に向けたアプローチ方法等を伝え、以後の学びや行動への動機づけを行うこと」を目的とするヤングエグゼクティブプログラムをスタートしました。

 
対象者
将来の上級管理職、経営幹部として期待されている20代後半~30代の若手ビジネスパーソン 
(主な対象職階は、係長、主任、一般)
 
 
 
プログラムの特徴・構成
本プログラムでは、若手ビジネス・パーソンが今後リーダーとして成長していく上で不可欠なビジネス・スキル(戦略的思考/財務・会計/現場力/マーケティング/リーダーシップ)をワークショップ形式で学びます。また、若手経営者との対話や様々な業種・職種の他受講生との交流会を通じ、より広い視野と知恵の熟成を目指します。 
 

2017年度のヤングエグゼクティブ・プログラム

2017年度のヤングエグゼクティブ・プログラム